保護中: 労働保険事務組合の運用・活用

保護中: 労働保険事務組合の運用・活用

労働保険事務組合の運用・活用

労働保険事務組合は厚生労働省に認可された組織です。以下のような業務を行っています。

労働保険の計算と徴収

事業主に代わって申告・納付等の事務を処理しますので事務の手間が省けます。また、労働保険料の額に関係なく3回分納ができます。

経営者の労災加入

事業主・自営業主・家族従業者など労働者以外の方は労災保険の対象になりませんので、通常は労災保険に加入する事が出来ません。しかしながら、特別加入という制度で、事業主や家族従事者なども、特別に労災保険加入することができます。

上乗せ保険加入

労災上乗せ保険は、政府労災だけではカバーしきれない補償範囲を「政府労災の上乗せ」という形でカバーしてくれます。強制加入である政府労災に対し、労災上乗せ保険は各企業が任意で加入するものであるため、一部の企業からは「任意労災」とも呼ばれています。万が一に備えて、安心して働ける環境を整える事も大事です。

PAGE TOP